GEL-ZAB(ゲルザブ)装着車、試乗出来ます

今、GEL-ZAB(ゲルザブ)装着車、試乗出来ます。

スポンサーリンク

GEL-ZAB(ゲルザブ)とは…

gel-zab

プロト(PLOT)社製、「バイク用サブトン」の事で、EXGEL(エクスゲル)で作られた、当店イチオシのバイクシート用品です。

このEXGEL(エクスジェル)は、医療・ベビー用品分野から、バイク・車業界に至るまで、幅広く利用されている、やわらかい高分子素材です。

その強い反発力と高い復元力から、クッション素材としても用いられ、ライダーにとっても大変うれしい「お尻が痛くなりにくいシート」GEL-ZAB(ゲルザブ)に、現在採用されています。

バイクとライダーをつなぐ部分は、大きく分けて、ハンドル、シート、ステップの3つ。

なかでも、最大接触面であるシートは、全体重を支えており、お尻と 腰は、疲れやすく、痛めやすい、ライダーにとって最も心配な部分の1つといえる事でしょう。

長時間のツーリングで、「お尻と腰にキタ!」なんて方も多いはずです。

GEL-ZAB は、長時間同じ姿勢を続けていても、体重圧力を程よく分散させることにより、お尻が圧迫されにくく、車体振動も吸収してくれることから、腰が痛くなりにくい、とっても嬉しい “ざぶとん” なのです。

スポンジやウレタンは、素材を空気で発泡させることが多く、どうしても経年劣化によるヘタリが発生してしまいます。また長時間使用や、体重の重い方の場合、沈み込み過ぎて、かえって疲れてしまう場合も考えられます。

女性では、足つきを気にするあまり、アンコを抜き過ぎて「底突き」をおこしてしまう事も…。

Gel(ゲル)は、そもそも発泡させておらず、形状も一定ではないことから、あなたのお尻にジャストフィット。薄くても、決してぺちゃんこにならず、底突きすることもほとんどありません。

筋肉量の少ない、疲れやすい女性ライダーにこそ使って頂きたい、身体にやさしいざぶとんなのです。

長時間ライドでも、疲労軽減?! その効果は…?

IMG_0078

先日の個人的なツーリングで、実際に使ってみました。

オンロード、オフロードによっても違う事でしょうが、ライディングスタイルを選ばず、スタンディングや、ステップワークといった、足腰に負担がかかるであろうシーンでも、違和感なくシートに密着でき、明らかに楽な、疲労の少ないライドであったと思われます。

いつもより、往復で数100km、航続距離が延びました。

これは、うれしい驚きとなりました。

長時間ライドは、正しいライディングポジションであっても、身体に疲労が溜まります。
特にビックマシンであるほど、「シート荷重」は重要です。

ベテランライダーである程、リラックスしてまたがれ、巧みに重心を操れるものですが、全体重がお尻に集まる訳ですから、腰痛持ち中年ライダーにはつらいもの…。

また、カーブのバンク時、ステップを踏み込む反力(いわゆるステップワーク)は、正しく伝えられれば、そのまま足のホールド力が高まる為、スムースな加速姿勢への移行が行えます。しかし、この時、お尻や腰に疲労が溜まっていては、なめらかな重心移動が出来ません。

おのずと取回しや、乗り心地に影響が出てしまう事にもつながり、結果、安全のためにも、航続距離が短くなり、遠出ができなくなる場合もありました。

個人差はあるでしょうが、筆者は、十分な効果を体感できる、嬉しいライドとなりました。

「汎用型」「埋め込み型」どちらがより良いの?
「微妙な足つき」も調整いたします。!

さて、難しい問題です。(^^;)

マシンによっても、好みによっても違いますが、「汎用型」は取り外しも自由に行えますので、筆者的にも、当店的にも、ひとまずこちらをプッシュいたします。(^^)

効果があるようでしたら、埋め込み型への移行が良いかと思われます。

さて、期間は短いものの(2014年10月16日まで)試乗車にセットして、その効果を体感いただけるキャンペーンを、現在実施しております。

是非、またがって、乗って、実感して頂きたい、「汎用型」!

あなたの愛機にも、ぜひどうぞっ!!

※ちなみに…(^^
IMG_0090ご要望に応じて、あなたのお尻にぴったりの「埋め込み型」の カスタムシート制作も承ります。

さらに、いかに薄いと言えど、その数cmの厚さが微妙な「足つき感」を損なってしまっては、本末転倒です。

愛機のアンコ抜き、アンコ盛りはもちろん、微妙な調整をGEL-ZAB 有りきで、ご納得頂ける迄、微調整させて頂きますので、ご希望の場合は、スタッフまで、お気軽にご相談下さいませ。

スポンサーリンク